<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
夏はとうとうやってこなかった?
 

9月になってしまいました。
FBやTwitterあたりでつぶやいたりしてると
どうもこちらがお留守になってしまいがち。

BLOGにはBLOGにしかない良さもあるし、
できれば続けて行かれたらと思ってます。
学校も明日で終わり、刺繍の学校が始まるまでの2週間
しばしバカンスをとれそうです。
記事が前後しますが、よければおつきあい下さい。

今日の気温は26度まであがったけれど、
週の初めにはついに最低気温が1桁をマーク。
まだ8月だっていうのに。
今年のパリに夏
(といっても私は初めてだけど)、
夏らしい日は両手で数えられるほどかもしれない、
いやなかったのです。

そんな数えるほどしかなかった中、
今年で10回目を迎えたParisPlageへ。
いつもどこかのサイトから拝借していたお写真ですが、
今年は自分で。
これで20時。
日が暮れるのは22時ごろ。

初めてのパリプラでペタンクなんかもやってみたり、
ひっきりなしにやってくるバトーに
手を振るのが結構忙しかったり・・。
個人所有のクルーザーの人は
まさか手を振ったりはしませんけどね。
ほんと30秒に1回はなにかしら通るのですから。


こちらは市庁舎前のビーチバレーの特設会場。
だれでもスペースを借りられます。
どのお兄さんを被写体にしようかしらと
むきむきお兄さんたちを選んでたら、、
ボールが飛んできた!!
投げて返してあげたら、と。
(ただただ、それだけで、別になにもありません)

次はパリの夏というか、フランスの夏でこれは
絶対に見ておきたかったものをUP予定です。


*J'ai à peine le temps de respirer...
行きつく暇もないよ・・

事実じゃありません(笑)あしからず。
単なる言い訳

JUGEMテーマ:フランス

| Paris | comments(2) | trackbacks(0)
(改めて)番地のない贈り物

 

あらら、出がけに途中まで記事を書き、下書き保存したつもりが・・
すでに読んでくださった方は、いったい何の話?
???
だったことかと。失礼いたしました。

何が言いたかったって、
母が送ってくれたお荷物。
部屋の番号書き忘れた〜。と母。
でも大家さんC/Oで入れてくれたなら大丈夫よ〜。
ということで、Le 14 juilletの日に日本を出たお荷物。

フランスには4日程で到着しているのに、
待てど暮らせど、毎日空のポストを覗いてはがっかり。
もう10日もたって
そう、わたくしこちらでお誕生日を迎えたのですが、
その日を過ぎてもやってきません。

で、よくよく母に確かめると、部屋番ではなくて
肝心な番地名を書き忘れているということが判明。
これはたいへん

どうすりゃいい!!!と
あわてて在仏7年目のベテランお友達にお伺い。
La postで聞くのがいいということで、
自分の最寄りの郵便局へ行ってきました。
事情を説明し、端末で探してもらうもぜんぜんない。
じゃ、こっちに来て一緒にさがそうと、
荷物置き場にも連れて行ってくれたけどない!
はあ、どうしよう。
確かにパリのどこかの郵便局にはあるって、
自分で調べたときには出てきたのにと、
もう一回ぶつぶついってると、
別の方法で調べてみるわね、と。
そしたら、あったわよ〜!!
別の郵便局でここからそう遠くないわ。と。
その証明の紙もプリントアウトしてくれて、
無事に別の郵便局で番地なしの贈り物を手にしたのでした。

いやー、がんばった!
そしてLa postのマダムが丁寧に対応してくれたことが
うれしかった。
当たり前のことだけど、でもここはParisなのでね。
こんなに粘り強く、丁寧にやってくださったこと自体が
奇跡的な感じだったりするものだから。


去年のお誕生日は東京だったし・・まさか、
Parisでお誕生日を迎えるなんて日が来るとは
夢にも思ってなかった。

好きなことをさせてもらえること、
いつも心にかけ、背中を押してくれる家族、知人友人に
感謝しつつすごしました。

Merci!!

トップの写真はMamie Gateâux

ほかにもいろいろいただいたのでまた別のところで
ご紹介いたします。

JUGEMテーマ:日記・一般 

| carnet | comments(4) | trackbacks(0)
いっちょまえにフランス人を気取ってみるの巻
たいした話ではないのです。
食後に大きなケーキとかは日常茶飯事。

いや、もっとしょうもないこと。
何のことはない、バスを呼び止めるしぐさ。
もちろん合図しなくてもほぼ素通りされることはないけれど、
でもやったほうがいいに越してる。

バスに限らないけど、日本だと、はい!って
手を挙げるとき手の状態は?
そう、
ね、、こうでしょ?

でもね、フランス人はというと、これ、
しかもずっと挙げて待つというより、
下からにゅっと出すイメージなんだな、これが。
別にだれも見てやしないが、
ちょっとまねることにこそばゆさを感じたもので
それを書いてみただけのことでした(笑)


−小雨の中御髪を気にするマダム−

まさか、どんなにフランス好きな私でも
これ↑だけはまねれませんわ(笑)

JUGEMテーマ:フランス
| carnet | comments(4) | trackbacks(0)
<< | 3/144PAGES | >>