<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
ピンクのパン。

大きさにして、直径25cmくらい?
これでも小さいサイズだったような。
ポンピドゥーの近くのRanbuteau通りにある

あのLyonのBERNACHONで修行されたのだとか。
実は私はまだ彼のチョコレートを知らない。
あのカラフルなパッケージの
タブレットに何となく惹かれないけど
おいしいのよね?日本に入るくらいだから。

Lyonにいってすっかりこのプラリネのパン
はまった私。
パリ1、おいしいという、Pralusのプラュンヌを
翌日のおやつにとある日の土曜日
買って帰ったのです。

と、翌日の11時過ぎだったか、
ピクニックに行きませんか?とうれしいお誘い。
でも、日曜日だし、1時間後に集合で
なにも持っていくものが・・な私は、
このド、ピンクなパンをもって参加したのです。

L1040397.jpg


最初はみんなえー、なにこれ?
とかなりひかれましたが・・
一緒にいたフランス人の大好物で
しかもここのはやっぱりおいしいのだとか。
私も期待大なわけです。
恐る恐る手を出した日本人もなんだ、おいしいじゃない
と完食してくれました。

見た目ほど、甘くないねというわれわれに対して、
フランス人は、
これはブリオッシュだけど、お砂糖もバターも
すごいから甘いよというのです。
でもさ、フランスのお菓子ってもっと甘いじゃないと
いう納得のいかない日本人軍団。

その彼、あの日本企業パティスリーで
働いているらしく、ショートケーキなんかも作ってるから
お砂糖の分量わかると思うのだけどね。
まあ、フランス人からしてみれば
パンの分類だからでしょうかね。

さて、この日にいったピクニック先は
日本人には桜の公園で有名なParc de Sceaux

駅に降り立ってまず、
なんて空気がおいしいの〜!でした。
RERで20分ほどのところにあるだけで、
こんなにも違うのね。

ここを作ったのはベルサイユ宮殿も作ったのは
André Le Nôtre
こんなおちゃめな噴水もあったり。

  

フランスって何がいいってこうして
整備された公園、庭園があちこちにあって、
ピクニックしたりのんびり過ごせるところ。

パリに帰ってきても
公園でまったりしたり、ふかふかの芝生の上をあるいてみたり、と
パリジェンヌを気取ってみたり・・

実生活というのも変ですが、
こちらの滞在の本来の目的である刺繍の学校が始まりました。
これで4月半ばまでは学校と家の往復、
刺繍漬けの日々が始まっています。
お恥ずかしい話、やはり語学学校ほど
プレッシャーがなく、楽しい日々です。

ときどきおいしいものを食べ、
本物を見ながら学ぶことができるのは
ほんとうに素晴らしい時間であり、
貴重な時間なのです。


ディナーPralus
35 rue Rambuteau 75004 Paris
+33 (0)1 48 04 05 05
 
Du mardi au samedi : 10h-19h30
Dimanche : 10h-19hLundi : Fermé

 JUGEMテーマ:フランス,美味しいパン
| Gourmet@Paris | comments(2) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | - | -
コメント
わたしもプラリュのショコラはまだ食べたことがないのよねー。
三越でプラリュリンは大と小と売ってるんだけど
大がほんとのフランスサイズなのかも(笑)

東京にも沢山いい公園があるのだから
もっと活用されればいいのにね。
といっても性格的にのんびりできないとか?
なんとなくせわしなくなってしまう気もするよ(笑)
| onze-quatorze | 2011/10/01 10:30 AM |
>Onze さん
ごめんなさーい。とっくにお返事したと思ってた。

パリっていろんなサービスがのんびりしてて、やだなって思うこともあるけれどね。
今日も地下鉄にのってると、ああ風に当たりたいな、
お散歩したいなって思ったりするのよね。
東京にいることは、車でビュンビュン走ってるのが
気持ちよかったけれどね(笑)
あー、また早く春が来て、またピクニック三昧をしたいな〜。
| Brigitte | 2011/11/23 9:00 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。