<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
Pho14
 

Pho Banh Cuon 14
あら、正式名称はこんなに長かったらしい。

ここは昔からよく紹介されているし、
夏に通ってた語学学校からもわりと近く、
二度ほど行きました。

スープありのPhoより、
私こっちのスープなし、Bobunのほうが好き。
Nemといわれる揚げ春巻きが乗ってて、
このおいしさを知ったのもParis。
中華料理でもメニューにあって、
レタスにミントとこれを一緒に
巻き巻きしていただくのです。

いつ行っても行列してますが、
回転がいいので割と直ぐ座れるみたい。
あー、いっぱいならんでる!と思っても
がっかりなさらずお待ちになってみて。
となりもPho屋さんですが、
はるかにここのほうが行列してます。

こちらに5月に戻ってきて、そろそろ半年。
10月は一度も更新できてない!と
あわてて更新しました。

更新できてない季節ものの記事はどうしようかと
まさか、帰国後に1年遅れとかにならないよう..
そして、今日は初のサマータイム終了を迎え、
朝起きてあちこち時計を直しました。

これで、無事明日から学校に遅刻せずに
行ってこれそうです。

来月は何回更新できるでしょうか・・。
目標は週1回?!
どうなりますことやら。


*Faites la queue comme tout le monde!
ほかの人のように列に並んで!
*A la queue! 
列の後ろに並んで!
横入りされそうになったらちゃんと主張しましょ〜

ディナーPho 14
 129 av. de Choisy 75013 Paris 
TEL:01 45 83 61 15 
12:00〜23:00 L-D

JUGEMテーマ:フランス,グルメ
| Gourmet@Paris | comments(2) | trackbacks(0)
ピンクのパン。

大きさにして、直径25cmくらい?
これでも小さいサイズだったような。
ポンピドゥーの近くのRanbuteau通りにある

あのLyonのBERNACHONで修行されたのだとか。
実は私はまだ彼のチョコレートを知らない。
あのカラフルなパッケージの
タブレットに何となく惹かれないけど
おいしいのよね?日本に入るくらいだから。

Lyonにいってすっかりこのプラリネのパン
はまった私。
パリ1、おいしいという、Pralusのプラュンヌを
翌日のおやつにとある日の土曜日
買って帰ったのです。

と、翌日の11時過ぎだったか、
ピクニックに行きませんか?とうれしいお誘い。
でも、日曜日だし、1時間後に集合で
なにも持っていくものが・・な私は、
このド、ピンクなパンをもって参加したのです。

L1040397.jpg


続きを読む >>
| Gourmet@Paris | comments(2) | trackbacks(0)
円:yenへ
L1040317.jpg

昨日のParisのお天気は日本のような蒸し暑さ。
日本からLesageにいらしていた、
お友達のお母さまがお声をかけて下さって
ずっとずっと行きたかったお店"yen"へ
連れて行っていただきました。
大のお蕎麦好き。
毎日だっていいくらいなのですから。

おすすめとのことで天せいろを、
そして、これまた大好物のゴマ豆腐を
いただきました。
いいわ〜、やっぱりお蕎麦。
(なんだってこんなペタっとした写真なのかしら

L1040315.jpg

私たちのお隣にはフランス人家族、
上手にお箸を使っておいででした。
ほぼ8、9割がた日本人のお客様で、満席。
わかりますよ。
ここはほんとうにパリかしらね?という感じですもの。

たかが5年ほどの東京生活だけど
蕎麦は東京のものでしょ、と思っているからか
お出汁が少し甘い気がしなくもないですが、
Parisでほんとうのお蕎麦がいただけるのですね。
幸せでございました。
間違いなく、また行ってしまうはず。

すっかり食後にはしっかりデザートをいただく
ということだけは私もすっかりフランス人。

実は働いていたころ、
この抹茶のミルフィーユ(サダハル・アオキ)を
PCのTOP画面にしていたことがありました。
なんだか懐かしくて。
まだ彼のお店がパリにしかなく
じわじわきていた頃の話。
(今や日本でマカロンを広めた人とまで言われてるらしいですが(笑)

L1040322.jpg


ちなみに、そのほか毎日食べたい食べ物は
お赤飯、カレー、パン
おかげさまでパンは悩まずに済むけど、お赤飯!
レトルトのものと炊くのを備蓄してます。

さて、最近は語学学校に行ってるのですが、ちょっと退屈で
日本で習ってた先生はなんてよかったのかなー、
先生はパリジャンなんだな、という感じ。
これじゃいけない、何とかせねば。
と、おもってますがどうなりますやら。


 ディナーyen
22 rue Saint-Benoit
 01 45 44 11 18 (réservation conseillée)
 lundi-samedi 12h〜14h/19h30〜22h30

JUGEMテーマ:グルメ,フランス

| Gourmet@Paris | comments(2) | trackbacks(0)
| 1/1PAGES |