<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
Lyon、甘いものその2
20110526_173746_000.jpg

Lyon名物の1つ
Brioches aux pralines rouges
このどピンクにびっくりして食べなかったら
損してるところでだった。
甘いですけれど、サンライズのような感じというのが
わかりやすいのかしら。
3つで5ユーロ!
ヴィエノワズリーはこちらでは
もちろんおいしくてそのうえ安いのですから、
うれしいこと尽くめです。
プラリュのも食べてみなくては。




さて、お土産にかったのは、
一番うえは前回もご紹介したベルナシオンの
マンディアン。

そしてVOISINで、Coussin de Lyon
(リヨンのクッションの意味)と
プラリネのお菓子を。
名物とやらをやっぱり一度はと
これまた強烈な緑のお菓子をいただきました。
アーモンドペーストにキャラソーそれをマジパンで
くるんだもの。
母はあんこみたいでおいしいと言っていましたが・・
地方菓子の面白いところは
それぞれやはり所以があるところでしょうか?

さて、2011年も折り返しスタートです。
Parisでも雨の続いた6月がようやく終わり
この週末からバカンスへ突入。
どこかみんなそわそわしていて、
私もどこかいきたいー!!と
今ここにいることが非日常のような日常になってるのです。

バカンスの予定は8月の連休にLondonへ。
それまではのんびりParis
学校も毎日あるし、
そう、あのParis Plageにも出かけてみたいと思ってます。
今年で10回目を迎えるのですね!!


JUGEMテーマ:お土産フランス 

| Gourmet | comments(0) | trackbacks(0)
なだ万が出したロール



実は今日で2回目。
ロールっていわれると、やっぱり甘いものを思わせますが、
こちら、肉まきロール。
よっぽどお菓子のロールより、安いなだ万ロール。

ホウレン草とニンジンがよい食感で
いいんです。
強いて言うなら、ごはんがもう少し堅ければということなしですね。
ゴマ油の香りがもっとしてもいいかしら?
お肉はあまからず辛からず・・・美味しい。

そう、このロールの正式名称は
"なだ万ロール の巻"
ということは、
"二の巻"も出てくるのかしら??と期待してます。

そもそも、私、キムパが大好き。
キムパからヒントを得たと思われる、こちら。
なので、お新香いりです。
そうそう、ネギトロにお新香とか、そんな感じがお好きな人には
お勧めです。
赤坂にあった、キムパ専門店へ行きたかったのですが、
いつの間にやら閉店しちゃってました。

確か、そのSOUL FOODの本店が
ソウルにあるんですよね?
弾丸でもいいから、美味しい&きれい
(ゆるされればお買い物も)
ツアーへ行きたいですね。

*J'ai besoin de vos conseil.
アドバイスしてもらえませんか??

 JUGEMテーマ:お手土産
| Gourmet | comments(0) | trackbacks(0)
Marché aux fleurs
 



ここのところなかなか更新できなくて・・
チクチクものやったり、とばたばたやっております。
そんな一環で今日は朝から花市場へ

地元では行ったことありますが、
初めて太田市場へ潜入してきました。
さすが・・すごい〜。
お店の数も違うし・・もちろんあり得ないくらい安いわけ。
普通にお買い物するのが
いやになっちゃいそう・・

今日は柑橘系の鉢植えを何本かと
ユーカリ、ミモザ、啓翁桜なんかを

最小の単位が10本からとかで、
おうちの中もお花であふれてて・・

そんなこんなでちょっとだけお玄関に。

ちょっとばたばたしてますが、
2月に入ると落ち着くはず・・なので
いろいろUP予定ですので
楽しみにして頂けますと嬉しいです!!


フランス語の先生に今日、シークヮーサーを買った話をした時のこと・・
彼はカタカナひらかなは読めるので、メニューとか
説明役に回ることもおおし・・
お酒のメニュー指しながら
C'est la framboise, ensuite l'orange
bra bra ・・

で、これは何?とシークヮーサーをさす、
日本語読めないフランス人友。

Mon prof:C'est shikuwasa...
son ami:C'est quoi ça ?

Vous avez compris?
ce n'est pas blague.
c'est vrai histoire!!

| Gourmet | comments(4) | trackbacks(0)
金沢:めくみ続編
お待たせいたしました、
めくみ、ここからはお鮨にまいります。

烏賊
甘いんですね、こんなにも。
それはそれは丁寧に包丁が入れられいます。

この後に続く全てですが、お醤油はすでに塗られています。
それもそのはず、ごくごく軽くにぎられ、
粋がって、倒しておはしでつまもうものなら、見事に崩れてしまいます。
ということで、全て手で頂いたのであります。

先に食べた甘エビの頭の身の部分。
十分に太った食べ応え十分でございます。

利尻の蝦夷馬糞雲丹
鼻に抜ける香りととろける感覚、さすがでございます。
相当たっぷり載ってるので、無理なのは承知ですが、
軍艦でない方がより一層な気も・・・

いくらと続き、

大トロ
ごはんのほのかなあたたかさでも
とろけてしまうんじゃなかろうかと思うかんじです。


これも北陸ならという感じです。
脂も弾力も本当においしい。

このあと、蝦蛄、穴子、と続きますが・・
お写真撮ってるとくずれますので・・とのお声に
パクパクっと、
本当に、かる〜く軽くにぎってあり、美味でした。

最後に、車エビすり身が入った、卵焼きカステラを
頂き、どこかで、鮃の昆布〆も・・・


最後に岩海苔のお吸い物。
沢山食べているようなのですが、このお吸い物をもって、
ちょうどいい感じでした。
岩海苔、おいしんですね〜。
さっそく朝市で購入しました。

この日最初のお客様だった私たちはお陰様で、
終始、私たちペース。
次に来られた方は、私たちの握りが終わるのをずっとお待たせしてしまい・・
私たちが、1つ1つに感激しているのを横目にね。

毎日七尾まで片道120Kほど運転仕入れにいかれるのだとか。
朝は早いのかと思いきや、8時ころだそう。
逆に朝早くにあるお魚というのは、前日のものなんだそうです。

いつも、楽しみに拝見させていただいている、
ひめさまのイチオシとあって、
感激のお鮨でありました。

またきっとチャンスをみつけ、時期を変えて訪れてみたい、
そして、私もイチオシでご紹介します!!

ディナー「すし処 めくみ」
石川郡野々市町下林4-48
076-246-7781
12:00〜14:00 17:00〜21:00(日曜は12:00〜20:00)

*Mmmmmm, ça sent bon!!
  う〜ん、いいにおい。


JUGEMテーマ:グルメ

| Gourmet | comments(2) | trackbacks(0)
金沢:めくみ

半年ほどまえ、金沢行きが決定し、真っ先に予約を入れたお店
金沢駅からタクシーで2、30分野々市という民家の合間に
お店はありました。

お店にはいると、この大きな暖簾が迎えてくれます。
金沢のめくみです。
粋ですよね、とっても。
一皿ずつ写真を数えると、とてつもない数・・・
かいつまんで極上なものをご紹介させてくださいませ。

まずは、こちら、鱈のしらこをほんずで。
クリーミーでほのかに温められた極上の1品
その後、赤西貝に、鮃のお造り
鮃は岡山でもわりと食べられるお魚ですが、
抜けるような透明感と歯ごたえ、先日の児島での
あこう鯛を思い出さずにはいられません。

次に、これは今までの人生でと申し上げていいかもといえるもの。


蒸しアワビ
ごくごく薄味で、
甘さといい、食感、程よい潮の香りといい、本当に極上でした。


のどぐろのあぶり
北陸でお鮨なら必ず出てくると思ってましたが、
シンプルではございますが、こんなにおいしいなんて。
山陰の方のものを食べたことがあったのですが、全くの別物かも
臭みもなく、小ぶりだけれども。
中はほんのり火が通り、ふわっとした食感そのもの。

香箱蟹
お酢ももちろん付けてくださるのですが、ご主人がおっしゃるように
なにもいらなかったです。
香箱蟹というのを私は初めてしったのですが、
ズワイでもメスで卵も一緒に頂きます。
この身の下には内子という、卵巣でちょっとぐりぐりした
卵のようなものもあって、これもまたなんとも言えず、おいしかったです。
こちらの地方ではブランド蟹の1つとして
加賀と能登の地名ととって加能ガニともよばれるんだとか。
こちら、器も素敵でした。

このあと、後で頂く甘エビの頭を焼いたものを頂きます。
お味噌付きで美味しかったです。

それから、カラスミの時期ですが、それもご主人が
ボラを丸ごと買ってきて、付け込まれます。
そののどぼとけがこちらです。

こっりっこりの1品。この後からすみをもちろん頂戴して。

目の前でご主人と奥様のなんとも息の合ったタイミングと
ご主人のお優しさが伝わるやりとりがほほえましくございました。
そんなご主人の使われていた、
捌くたびに次から次へと経木が出てまいります。
あとで頂戴するお名刺も経木製にございます。

かいつまんでと言いながら、ついついいっぱいご紹介をしてしまいました。
つづきのお鮨は次回ということで。

*C'est une planche à couper.
   それはまな板!!


JUGEMテーマ:グルメ
 
| Gourmet | comments(6) | trackbacks(0)
| 1/38PAGES | >>